ジランソフト、「DirectCloud-BOX」でリンク送信の簡易化など機能追加

Jiransoft Japan(ジランソフト)は9月9日、500社以上に提供しているという同社の法人向けオンライン・ストレージサービス「DirectCloud-BOX(ダイレクトクラウド・ボックス)」のバージョンアップを実施した。

今回のバージョンアップにより、高いセキュリティを重視しながらファイルの受け渡しを行うユーザの操作時間や手間を大きく削減可能になり、企業・法人が安心して大容量ファイルを送信可能になったとしている。

新バージョンでは、ファイル・リンクを生成するとパスワードを自動的に発行し、リンク生成画面から容易な操作で、リンク情報をメールで送信できる。メールを受け取った相手がファイル・リンクへアクセスした際に送信者に通知メールを送る機能に加え、リンク画面からファイルをダウンロードした日時やIPアドレスの履歴の確認を可能にした。

さらに、有効期間を過ぎたファイル・リンクの自動削除機能や、ファイルを更新すると自動的にファイル・リンクも削除する機能を追加した。

同サービス上のデータ は、通信セキュリティとしてSHA-256、暗号化アルゴリズムとして AES 256bit形式を採用しており、これらにより高いセキュリティ・レベルを保持しつつファイルの受け渡しを数回のクリックで可能になった。

また、Web版のユーザー・インタフェースを全面的に見直し、より直感的な操作が可能になったとしている。具体的には、ツリー構造のインタフェースを追加した。

加えて、ファイルをダウンロードすることなくクラウド上で閲覧可能なプレビュー機能を追加。従来から対応しているMicrosoft Officeの各形式に加えて、系のファイルに加え、 PDFやJPEG/PNG/GIFといった形式もプレビュー可能になった。

さらに、有効期限を設定したファイルを指定期間の経過後に自動削除する機能を追加。マイナンバーなどの気密性が高い文書を共有する際に、企業のセキュリティ・ポリシーに則したファイル共有が実現可能になったという。