サーバ向け個人情報検索・管理ソフト 「SERVERFILTER」を販売開始

改正個人情報保護法の施行や、2018年5月にEUで施行予定の国際法であるGDPR(一般データ保護規則)により、情報漏洩対策が改めて注目されています。
これまで弊社ではクライアントPC向けの個人情報漏洩対策製品として「PCFILTER」を販売しておりましたが、重要な情報が集中するサーバで動作する製品への要望の高まりを受け、この度サーバ向け製品の「SERVERFILTER」を販売させて頂くことになりました。

SERVERFILTERはWindowsサーバに保存してある個人情報(マイナンバー、メールアドレス、電話番号、クレジットカード番号、名字、住所、年金番号、免許証番号、任意のキーワードなど)を自動的に探し出し、どれくらいの個人情報を保有しているかについて簡単に可視化し、ファイル移動、暗号化、完全削除などの個人情報管理をサポートします。

PCF_SVF-how2work4

■ 主な機能

1.サーバ内の個人情報を検索し可視化
2.ファイルの移動、暗号化、完全削除による情報管理
3.印刷物やメディアによる情報漏洩防止
4.予約スキャンとポリシー設定
5.統計とレポートを提供

 

■ エージェントソフトの動作環境

OS: Windows Server 2003以上
CPU: Pentium 4 2.8GHz以上
メモリ: 1GB以上
HDD: 100MB以上の空き容量


■価格:オープン価格

評価版をご用意しておりますので、評価をご希望の方は弊社ホームページよりお問い合わせください。

製品情報:https://www.jsecurity.co.jp/productinfo/pcfilter