不正接続検知・遮断 情報漏洩対策 ネットワークアクセス制御 DeviceKeeper

不正接続検知・遮断 情報漏洩対策 ネットワークアクセス制御

情報セキュリティの脅威はウイルスだけではありません。
ヒューマンエラーやハードウェアの故障による情報消失、内部関係者による情報の不正持ち出し、ランサムウェアによる情報損失と金銭的被害、フィッシング詐欺、各種脆弱性への更新対応など、対応しなければならない情報セキュリティの脅威はたくさんあります。

Exosphere(エクソスフィア)は、進化した多層検出によるマルウェア対策、Webフィルタリング、データ漏えい防止(DLP)、ランサムウェア対策、バックアップと復元、PCヘルスチェック機能を備えた、総合エンドポイントプロテクション製品ですので、様々な脅威に対してワンストップで対応することができます。

コストパフォーマンスに優れた統合セキュリティ対策ソリューション、それがExosphereです。

DeviceKeeperの主な機能

接続機器の判定

DKfeature01

DeviceKeeperセンサが自動的に機器の判別を行います。各ネットワーク機器の使用状態を知ることで、今後の機器管理の基準を用意します。

機器一覧表示

DKfeature02

検出した機器を一覧表示します。

ネットワーク接続管理

DKfeature03

許可された機器のみネットワークを利用できます。許可されていない端末は申請案内画面から申請し、承認されればネットワークを利用できるようになります。

管理者通知

DKfeature04

不正アクセスや通信の異常を検出したときに管理者にメールで通知することができます。

管理画面のイメージ

許可:接続許可する端末を選んで接続許可するだけでネットワークへの接続ができるようになります。

遮断:端末を選んで遮断ボタンを押すだけでネットワーク接続を遮断することができます。

インタビュー:DeviceKeeperを導入して良かったことは何ですか?