情報サービス業 B社

 MAILSCREEN 導入事例
 


情報サービス業 B社
メールの誤送信が減り、添付ファイル自動暗号化機能にも満足。

ユーザ環境を変えずに導入でき、Google Appsに対応できることを評価

B社様は、総合型情報処理サービス企業として、システムの営業提案から設計・開発、最適なシステム環境構築のためのハード調達、システムの運用保守まで全てをワンストップで提供しており、現在、社内はもちろんお客様との連絡方法として電子メールシステムは現在なくてはならない重要なツールとなっています。今回、メールセキュリティ対策機器としてMAILSCREENを運用している同社に、導入の経緯と運用状況についてお話を伺いました。

insert picture-02-01

  導入経緯
Q. 導入の経緯について教えてください。

A. 個人情報取扱い部門でのメールセキュリティ強化のためメールセキュリティ製品の導入を検討しました。

 

  評価基準

Q. 製品選定、および評価基準をお教えください。

A. 製品を導入するにあたり、以下の2点を重視しました。

   (1) エンドユーザが利用するメール環境に変化を加える必要が無い事。

   (2) 添付ファイル送信時ダブルチェックが出来るようになる事。

 選択理由

Q.様々な製品がある中でなぜMAILSCREENを選びましたか?選択理由を教えてください。

A. MAILSCREENがGoogle Appsに対応していた点が導入決定につながりました。

 導入効果

Q. 実際に導入されてどのような効果がありましたか?

A. 添付ファイル自動暗号化により、時々発生していた添付ファイル暗号化忘れが無くなりました。
また、上長決裁機能を使ったダブルチェックによって、宛先間違い等の自動処理できないミスも減らす事ができました。

Q. 今後の製品への期待をお聞かせください。

A. クラウドサービスとして提供しているためマルチテナント化してほしいです。また、BCC自動変換を設定したポリシーに従って行う機能を追加してほしいです。

今後の開発の参考にさせていただきます。ありがとうございました。

 

(2016年3月)

※記載の会社名、製品名はそれぞれの会社の商標または登録商標です。